より大きな地図で 四国堰堤ダム88箇所 を表示
地図右上の「写真」や「earth」のボタンを押すと楽しいぞ。
 
【ご挨拶 「堰堤」って何?なぜに「堰堤」?】


 『四国酒蔵88箇所巡礼』『四国温泉88箇所巡礼』に続く、四国88箇所巡礼シリーズ第3弾は『四国堰堤(えんてい)ダム88箇所巡礼』!!
「堰堤」とは「ひつぎ」や「つつみ」いわゆる「ダム」のこと。こんなマニアックな88箇所を巡ってどうすんじゃと思うでしょ。私もそう思います。(笑) 一応、私たちは世に言う「ダムマニア」ではありません。そのへんにいる一般人であり、これは四国の風景の一部としての堰堤を巡る巡礼の旅の企画であります。四国の堰堤はほとんどが秘境に近い人里に隣接しています。四国のダムを巡礼することは、すなわち四国の山里紀行を見て廻ることと同じことです。
 もちろんダムマニアの方も歓迎です。この程度では物足らないかもわかりませんが、それはそれでより深く探求して頂いてかまいません。マニアの皆様向けにはマニアというよりプロの一部ガチ委員衆が別途お相手させていただきます。泣くなよ。(笑)
 北海道や日本アルプスと違って、四国は狭くすべてが日帰りダムです。その気になれば一日に5,6か所は余裕で巡れます。また一緒に「沈下橋」や「寺社」等の山中の史跡を見て回ることもできます。至極健康的かつ人間的な巡礼です。
 人の造りしものの中でも、ダムは100年単位の稼働を目された構築物であります。自然を破壊してではなく月日とともに自然の中に溶け込んでいった四国の堰堤をあらためて眺めてほしいと思っております。

 公式稼働開始です。札所のほかに番外と別院も入れて108のすべてに判子を設置完了し、かつ表示済です。

【巡礼方法】

 この公式サイトの右上部分でエントリーすれば納経帳のダウンロードが出来ますので、それをプリントアウトしマイ朱肉を持ってダムに出かけてください。すべてのダムには必ずどこかに納経帳に押すハンコがぶら下がっております。ハンコの場所は各ダムのページ本文中に記載いたしておりますのでご確認ください。屋外設置の判子については裸ワイヤーで固定しておりますので怪我をしないように気をつけてお取り扱いください。また使用後は次に訪れる方のために少し拭いてから元に戻して頂ければ助かります。なお、過酷な自然環境の場所柄、風雨で破損したり流失したり猿や猪がかじって持っていったりする可能性もありますので、どうしても見つからない場合にはご自分の姿を入れた写真を撮っていただければ押印と同等に扱わさせて頂きます。

【認証方法】

 このようなことに真面目に参加して頂ける方へのご利益として、折角ですのでご公儀から正式に認定して貰えるように、「四国の川を考える会」さんに無理やりお願いしてしまいました。
この過酷な巡礼108ダムを見事完走の方は
『ダム神』様と認定し、認定証(考える会名儀)をお渡しします。
完走された方は押印された納経帳に登録時のハンドルネームを添えて下記まで郵送でお送りください。

〒760-0066
高松市福岡町3丁目11番22号
四国の川を考える会 事務局 宛

すいません。委員会としての有志や関係者様のご厚志で運営しており、まったく予算がありませんのでお手数ですがその際に返信用封筒(A4書類が入る大きさ)と返信用切手(台紙の重さが入りますので通常は150g以内で200円分・2口でしたら250g以内となりますので240円分)をご同封ください。チェックの後、折り返し認定証を送って頂きます(少々お時間を頂きます)。受験や就職の際にはまったく役に立ちませんが、ひょっとしたらごくごく一部の人の間では文字通り「神様扱い」されるかもわかりませんので思いっきり自慢してください。(笑)

【札所の分類】

 ダムを機械的に紹介しているわけではなく、歴史や風情等で訪れる価値のある堰堤も札所としました。池以外のダムは、ほぼ100パーセント網羅したはずです。堰堤といえども様々な分類の仕方がありますが、ここでは「大きさ」と「場所」とで次のように分けています。
・ハイダム    → 88「札所」 
・その他の堰堤  → 12「番外札所」
・島嶼部のダム  → 8 「別院札所」
・未竣工のダム  → 原則として除外 一部は近隣札所の「ひと言欄」へ
また、ダムのスペック一覧リストについては別途掲示をしております。
結果的にすべてを足すと「108」という人の煩悩の数になってしまったのも
四国らしい何かの縁というところです。
もちろんすべてを走破して初めて「完走」です。
ちなみに県別で見ると
徳島県 19札所
高知県 30札所
愛媛県 32札所
香川県 27札所
となります。
札打順は霊場88か所のルートに習って、徳島、高知、愛媛、香川の順番ですが、どの札所からはじめてもどの順にまわってもいっこうにかまいません。「その場の思いつき」で参加してもらう方、大迎です。また途中でリタイアしてもだれにも怒られません。参加費用もかかりません。すべて自分のモラルと自己責任です。自分で始めて自分で終わらせる四国の冒険旅行です。

【用語解説】

 ダムマニアでない方のためにダムの基本用語解説を委員のN尾氏が作ってくれました。専門用語を小学生向きに翻訳してくれましたので、何かありましたら閲覧願います。

堰堤ダム用語解説(PDF)
 また各ダムのページに特にそのダムの用途と竣工年とを記載しております。一言でダムといっても「飲み水や田畑の水を守るダム」、「生活のために電気を作るダム」、「洪水等の災害から命や生活を守るダム」といろいろの役割があり、人の一生を越える年月に渡って人知れず山中でその役目を全うしております。四国の様々な川の流域でそれぞれのダムをそんな視点で眺められるのもひとつかと思います。


【投稿について】

巡礼中にあとから巡る人たちのために何か新情報を見つけた方は、どんどん投稿してください。なんでしたら勝手に別のダムを取材紹介してくれてもかまいません。


【ご協力いただいている団体の皆さま】

 すべて手弁当の委員会活動に対し、情報や判子設置の面で様々なご協力とご配慮とを頂きました。

*『四国の川を考える会』様
  認証団体となって頂きました。
*『社団法人四国建設弘済会』様
  各ダムのハンコとチラシをつくって頂きました。
*『国土交通省四国運輸局』様
  後援について頂きました。
*『国土交通省四国地方整備局河川管理課』様
*『農林水産省中国四国農政局水利整備課』様
*『独立行政法人水資源機構』様
*『四国4県の河川行政関係課』様
*『四国各県の企業公営局』様
*『各アースダムを管理する四国各地の各土地改良区』様
*『ダム併設公園を管理する四国各地の各市役所と各町役場のご担当課』様

*『四国電力株式会社水力部』様
*『電源開発株式会社』様
*『株式会社住友共同電力』様
*『財団法人日本ダム協会』様

  皆さま ほんとうにありがとうございます。




【『四国堰堤88箇所運営委員会』メンバー紹介】


*H本のS藤社長(H本はえっちぼんとは読みません)
「四国酒蔵88箇所巡礼」「四国温泉88箇所巡礼」を立ち上げた際に「もっと他の88箇所企画とも連動させると面白いのでは」と教えてもらい、「他の88箇所企画」を訪ねたものの彼らは根がまじめすぎて相手にしてくれなかったので、自分で新しい88箇所造った方が早いわ。・・・と勝手にあらゆる88箇所巡礼を立ち上げ中。
ただし「堰堤」については正真正銘普通の素人。「酒蔵」「温泉」ともとりあえず札所に蔵主なり番台なりの人間はいたのだが、ダムについてはほとんど無人。ガチマニアである委員会メンバーの知識や力をお借りしての「崇高な自然への挑戦」。が、一方で「減量運動」になっていると掛かり付けの医者からは妙に期待されている。結果的に1人で全ダム取材満了時で3キロ減量したが現時点で既に3.5キロのリバウンド。やれやれだぜ。

*幻のダム仙人 Y河内(委員会顧問)
 たった一人で全国のダムのみならず橋や石垣を探検して資料や写真を収集しているガチンコマニア。常人の身体能力では考えられないアングルからダムを撮影する修験者。同好の士の間ではその名を轟かすこの道の求道者なれど、素顔はもちろんのこと生息地や生態も知れなかったまさに仙人のような謎の人。ちなみに「かめはめ波」を頼んでも撃ってくれなかった。今回はマニア以外では理解しがたいそのお言葉を翻訳して皆のものに伝えようぞ。

*遊び人のMさん
 普段から「四国の海の主(ぬし)」を名乗り、仕事では「四国の海岸は俺が守る」と臆面もなく虚空に叫ぶ海岸管理士。ただし普段はその熱き志をひた隠し「遊び人のMさん」と名乗って川でサーフィンを操る。いざ事件あるときは0.5秒で蒸着するはずのコスプレは現在資料請求中。残念ながら四国はとても田舎過ぎて、近所の子供以外に海岸の平和を乱す悪の秘密結社などは見当たらず「遊び人のMさん」以外の仕事の機会はないことに最近やっと気がついたらしい。趣味は30m越えの波上でサーフィンをすることと豪語するが、そんな波が来たあかつきには自分の本業はそれどころではないことにまで気が回っていないようである。

*悪の手下その1 N尾
 遊び人のMさんいわく、配下の戦闘員(イー)。でも「手下その2」はいなくてむしろゴリとラー。一方、誰が見ても体格と落ち着きとでは師を遥かに凌駕しているので、よくMさんの上司と間違えられて名刺を先に渡される。いざ話してみると、言動も判断も人柄も「大人」であって「心技体」を備えた横綱のように見えるが、これもあくまでも隣のMさんと比べてのことであるので(笑)一般的にはよくわからない。カヌーを愛し川を愛し、いざというときはMさんの「蒸着」と同じく心のワイシャツの下にS字マークの下着を着こんでいる「好い漢」である。

*悪の手下その1のそのまた手下 坂DO
 「遊び人のMさん」の一人しかいない「手下その1のN尾」のそのまた手下。孫請けという立派なものではなく、首領からのたらい回しの命令に捨て身で突撃させられるいわゆる「駒」というやつである。なんの臆面もなくなんの遠慮もなく勝手に「菅野美穂」を女神様と崇め倒す信徒。行く末を心配されながらも、つい最近、結婚して所帯持ちとなるが、いっこうにその性癖は直らず、趣味である「菅野美穂探し・集め・眺め」の後に「尾○」とか「侵×」とか「窃△」とかが付かないだけまぁいいかとあきらめられている。

*ため池研究家 I川・ため池・ため子
 ミドルネーム(ため池)入りな上に、わかりやすいがおよそヒネリ技のみじんも入っていない名前である。「ため池」についての統計資料等、会計士と言う仕事がらか数値に対して異常なほどのマニアック性を持っている生けるデータベース。ただし香川県限定であり県外のため池にはさほど興味を示さない。当初はノブレス・オブリージュを体現しているように見えたものの、委員会を重ねるごとにMさん・N尾との間にだんだんとドロンジョ・ボヤッキー・トンズラーに似た関係が構築されようとしている。

*司空 T中
 まずこの「しょってる」源氏名は本人のたっての希望。
「司空(しくう)」とは古代周王朝時代から続く中国の大臣の官位。
あの三国志の「董卓」や「曹操」も就いたことのある官位らしく今の日本でいえば国●交通大臣。T中本人の職業は明かしたくないらしいのだが、こんなたいそうな名前に最後まで拘ることを考えると、普段からよほど国●交通省様にいろいろと可愛がられている仕事であろうことは語るに落ちている模様。(笑) その仕事上、本人しか知り得ぬ極秘情報をぬかりなく漏えいしてくれるものと期待していたが、いざというときにはまったく沈黙。役所よりも固い仕事ぶりである。土木魂に熱い土木の鬼。酒の席でダム仙人とT中とが専門用語で談笑しあっている姿は、私ら一般人にはもう、ゴジラとキングギドラとが吠えあっているようにしか見えない。(失礼 笑)

*ダイナマイトキッド SS木
 ダイバダッタ・司空T中の教えのもと山奥で修行中の若者。
 メンバーの中で一番年が若いのでこれからである。見事「勇者」となれるのか? この「巡礼の旅」で経験値を積み、Lv(レベル)アップをしてほしい。スカウターで見たところ現在のステータスは
(さいだいHP)20
(さいだいMP)15
(こうげき力)3
(しゅび力)10
くらいである。まずはスライムから練習だ。(笑)
最近、愛息が小学校に御入学。「ダッド佐々木」と改名申請が出ている。

*エーキッスドットネットのK社長
「酒蔵88」「温泉88」に引き続きこのネットの技術系も篤志で制作し管理してくれているひょっとして最大の功労者? さすがにこのテーマともなると第三者から仲間として見られたくないのか、微妙に腰が引けているようである。

*子煩悩 S水
 若い頃はダム職人。ようやくダム離れができそうなことにかわって、今は何より我が娘が一番大事と信じてやまない優しいパパ。ダムは100年残るのに我が娘はあと20年もたてば結婚式で号泣して残りの人生が真っ白に燃え尽きてしまうことにはまだ考えが及んでいない模様。酒が入ると、AKBの腰振り真似をしながらコンビニに突入し、並んでいるおにぎりや弁当を片っ端から買い集めるというなにやら複雑な事情の性癖があるようだ。とりあえず飲んでいて小腹がすいたらこの人について行け。

*花輪くん 村I
 やることはやる男だが、シャイで周囲にこんなことをやっているとは知られたくないらしい。でもここに名を連ねている連中の大半は実はそうなんだが・・・。

*香川県工作員 O利先輩
 普通のことを普通に話しているつもりでも5分でダムマニアとわかってしまうガチ。四国に散る各県工作員の胴元的存在。忍者の「棟梁」ではなく博打の「胴元」である点が微妙な力関係のポイント。4県の工作員のプライベートな恥ずかしい写真を握っている可能性大。今になって、キッドSS木が高校時代の野球部の後輩であることが判明し、互いに相手にどう接して良いかで内心混乱している模様である。

*香川県工作員 阿讃国境警備隊長W木
 もともとこの堰堤88箇所を創るきっかけとなった御人。ただし仕事とはまったく関係ない冗談話から。普段はぶつぶつ言うとるが、およそ香川の、歴史、風習、民俗、風俗(笑)に至るまで幅広い知識を誇る。周囲からの共通する人物評は「あの人は悪い人ではないいんやけどの・・・。(この後、皆なぜか口ごもる)」 褒められているの?(笑)

*某県工作員 悪代官O美
 ついに某県のダム管理担当まで引っ張り出してしまった。ガチなダムマニアにダム管理をやらせるとロクなことにならないと思うのだが、それをやってしまった某県の人事担当者を褒めるべきである・・・え、ひょっとして知らなかったんか?そんなら今もばれてないことを願う。ちなみに某県とは香川県ではないぞ。絶対に。(汗)

*愛媛県工作員 迷い箸Y岡
 一番のバランス人間に見えるがここ一番の突っ込みに弱そうである、おそらく。MNコンビに改造人間候補で目をつけられていて、ここでもどうしようか揺れ動いている。松山さんみたいになりたくないで〜すと言っちゃった方が楽になれるのに。あ、本名言っちゃった。

*愛媛県工作員 チーフ・イマジョー
 「チーフ、おしぼりお願〜い」で飛んできてくれるタイプ。お姉さんのみならずお兄さんにも飛びつけるのが強み。宿毛生まれの宿毛育ちなので一発で大化けする可能性大。銀座の夜の帝王となれるか。

*高知県工作員 RYU M谷
 自らをプロフェッショナルと名乗る固い仕事人。でもしょせんは高知県人なので酒が入るとどうでも良くなるような気がしないでもないこともない。どっちなんね? 日本の最果て足摺岬でマンボウとご禁制のクジラを食べて育ったことが最近発覚。「狼少年ケン」ならぬ「マンボウ少年リュウ」である。「イルカに乗った少年」ではなく「マンボウで育った少年」とも呼ばれるが、どっちにしてもなんやら弱っちそうである。

*高知県工作員 フローレンスY田
 仁淀川町に勤務するも近くに食堂や弁当屋がないと嘆く。その割にすみずみまでは良く知らないようだ。もう少し修行すればフローレンス改めターザンのしこ名が与えられようぞ。

*高知県工作員 冒険ダン吉K友
 40年前の少年サンデーに出てきそうなお目目ぱっちり坊主頭の模範的少年。しかして歳は24歳。しかし今どきの中坊は間違ってもそんな格好しないので、深夜にコンビニにビール買いに行く時はおまわりさんに「未成年と間違えられて」・・・というよりも「不審者として」職務質問されるらしい。半ズボンを履いていれば「磯野さんちのカツオのコスプレです」で納得してくれるぞ。たぶん君なら大丈夫だ。

*高知県工作員 コマツ30
 ゴルゴサーティーンならぬコマツサーティであるが、まあコマツさんじゅうでも問題ない。ガラスの30才代ということをアピールしたいという本人の要望なだけである。ゲーム以外の現実世界では虫も大嫌い生きた魚も触れないという絵にかいたようなインドア体質。その彼がなぜこのような野生の王国まっただ中のダム委員の道に入ったのかは定かではない。たぶん物凄くつらいことがあったんだろうなぁ。

*徳島県工作員 寮長S石
 普段は目立たずおとなしくしているが、その仕事はもめごと荒事専門の不動産買い上げ業である。得意技は言うことを聞かない奴らを湖底に沈めること。なぜか国家的組織がバックにいるのでやりたい放題である。

*徳島県工作員 ガンキャノン鎌田
 ふだんは冷静であるが変なところで瞳が燃え上がるマニアック。なんのマニアかはまだよく分からない。彼はもちろん一般人ではない。またダムマニアでもないが、その体には正義の血が流れているのだ。

*徳島県工作員 ダムっ子マヤちゃん
 深窓の小公女という噂も出るほどその実態を見せず、遠巻きに接するしかなかった幻のプリンセス。(幻すぎてN尾などは実は男なんじゃかいかと思っていたらしい。)やっとこさ天の岩戸が開いてご降臨。第一声で出身地が宇宙の果ての大月町であると判明し、途端に「プリンセス」から「いじられおもちゃ」へと取扱い要綱が変わってしまった。(大月町の皆さんごめんなさい。笑)しかも、つい最近、主婦になることが判明。それも相手はこの工作員の中の誰からしい。おかげで若い委員らは互いに疑心暗鬼である。(笑)

*北陸支部 フーリガンT口
 なぜか突然、北陸地方に四国堰堤委員会のアジトが出現。こうなってはもう「目指せ全国制覇(なにを?)」である。元々四国のダム建設に関わったことがあったという縁だけで引っ張り込まれた。普段は誠実一途で大衆の中に隠れる紳士であるが、深酒をすると衆人を先導して暴徒化させる革命の士。学生時代は酔っ払った挙句にその辺に停めてあった知らない人の自動車を大勢をアジって素手で廃車にしたことがあるという、まぁ今風に言うと政府転覆秘密工作員である。内閣調査室の尾行がついているという噂もあるが悲しいことに思想らしい思想はまったくといってよいほど「ない」。(笑)

*川を考える人 スナハチ
 「スタハチ」といえば「刑事スタスキー&ハッチ」のこと(知っている人だけわかってくれ)であるが、この人はおしい!「スナハチ」である。長年勤めあげた仕事をめでたく定年退職し、旅人となって夢はダムを駆け巡っている松尾芭蕉のような御仁であるが、この人がいなければ堰堤88は出来得なかった功労者の一人でもある。

【御報告】
 平成25年10月末現在のダム神様(全ダム完走者)は10名です。
 去る7月27日に水資源機構様のご協力で、早明浦ダムの「堤体内」にてダム88一周年記念表彰式(この時点では5名が完走)を開催いたしました。国土交通省様や水資源機構様、川を考える会様の偉い人に無理をお願いしてプレゼンターとなって頂きました。
 記念食事会では大豊町ひばり食堂様の御協力で「早明浦ダムカレー」のお披露目を勝手に行いました。また表彰式後はカヌー愛好会有志様の協力でダム下流の吉野川をダム神様を奉ってカヌーでパレードいたしました。
その時の動画を下記で配信しておりますのでよろしければご笑覧ください。
http://ustre.am/12G6D
パスワードは「entei88」です。
クリックすると拡大します
「『俺たちゃ裸がユニフォーム たまにゃ蜂にも刺されるけれどファィトファィトファィトひとつが財産さ だけど強いぜ負けないぜ♪』という花登筺作詞・服部公一作曲の主題歌は、よく考えれば今も昔も四国のあるべき姿である。」
「『俺たちゃ裸がユニフォーム たまにゃ蜂にも刺されるけれどファィトファィトファィトひとつが財産さ だけど強いぜ負けないぜ♪』という花登筺作詞・服部公一作曲の主題歌は、よく考えれば今も昔も四国のあるべき姿である。」 クリックすると拡大します
「ピッチャー以外のチームの集合写真でこれがユニフォーム、当然、女子も選手である。主人公(右端)が赴任するまではダムの賛成派と反対派に分かれて争っていた。このほか村長の息子でどっちつかずの『コウモリ』とかがいた。これもベタな地方の縮図。」
「ピッチャー以外のチームの集合写真でこれがユニフォーム、当然、女子も選手である。主人公(右端)が赴任するまではダムの賛成派と反対派に分かれて争っていた。このほか村長の息子でどっちつかずの『コウモリ』とかがいた。これもベタな地方の縮図。」 クリックすると拡大します
「投手の『網走』。サラシにテンガロンハットと高野連としてはちょっと困ってしまう格好(笑)だが、これで名門高松商業などと練習試合をする。」
「投手の『網走』。サラシにテンガロンハットと高野連としてはちょっと困ってしまう格好(笑)だが、これで名門高松商業などと練習試合をする。」
君は『アパッチ野球軍』を知っているか?
2011.12.18

 若い人はもちろん知らないだろうが、昭和30年代生まれの人なら多分覚えているであろう『アパッチ野球軍』なる強烈なテレビ漫画(当時はアニメとかは専門用語)が1972年に放映されていた。原作はなんとあの戦後を代表する脚本家の花登筺(はなとこばこ)。『細うで繁盛記』や『番頭はんと丁稚どん』の作者である。こうなるともちろんただの野球漫画ではない。時は1970年前後、場所は四国松山から山奥に分け入ったとある山村。傷害殺人なんでもありの無法地帯の通称『アパッチ村』。ここに指導者として招かれた甲子園優勝投手が、おりしもこの山村に建設中のダムの賛成派と反対派に分かれた高校がわりの私塾の生徒たちを野球で導いて行くという人間ドラマである。まぁ、それだけではつまらないのか登場人物のキャラが凄かった。ダム現場主任の息子であるピッチャーの通り名(本名わからず)は「網走」。ナイフ投げで飛んでいる蝶を刺せる。あと外野を一人で守れるというパーマン2号のような「モンキー」、4番打者は木こりの巨漢「材木」等々と、それはそれは凄まじくて最初はボールを打った後にサードに逆走していた。

 ・・・で「このアパッチ野球軍の舞台となった建設中のダムはどのダムだろうか?」がお題である。確か一話では主人公が松山港に船で到着して、そこから険しいがけ道を恩師である校長先生のロバ車に揺られて半日以上だった。とすれば松山三津浜港から20〜30キロ前後の高縄山系か?そのエリア1970年あたりに完成したコンクリートダムを右上の「堰堤スペック一覧」で調べると、ずばり「58番石手川ダム(1972年)」と「61番玉川ダム(1970年)」がぴったり当てはまるではないか?ただ玉川ダムとなると地名も松山というより今治であるし、距離的にも松山港からではなく今治港から上陸しているであろう。作者の花登さんはもう30年前に亡くなっているので確かめるすべもないが、「石手川ダム」でほぼ間違いないと思う。これより「石手川ダム」は『アパッチ野球軍のダム』として売り出していいぞ。多分、テレビっ子の中高年はわかってくれるはずである。なんならついでにダムのある「宿野町」の地名も「アパッチ村」に改名した方が見学者も増えるものと思われますが、いかがでしょう国土交通省様。

1 . ダム神16号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
ダム神16号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
2 . ダム神17号様から励ましのお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
ダム神17号様から励ましのお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
3 . ダム神20号様より感謝のお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)。データから解析しますとこの方は全行程を12日で完走しております。(驚)
ダム神20号様より感謝のお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)。データから解析しますとこの方は全行程を12日で完走しております。(驚)
4 . ダム神23号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
ダム神23号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
クリックすると拡大します
「ダム神16号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)」
ダム神16号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
クリックすると拡大します
「ダム神17号様から励ましのお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)」
ダム神17号様から励ましのお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
クリックすると拡大します
「ダム神20号様より感謝のお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)。データから解析しますとこの方は全行程を12日で完走しております。(驚)」
ダム神20号様より感謝のお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)。データから解析しますとこの方は全行程を12日で完走しております。(驚)
クリックすると拡大します
「ダム神23号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)」
ダム神23号様よりご丁寧なお手紙を頂きました(クリックすると拡大します)
お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ
内容

※返信が必要な場合は「メールアドレス」か「電話番号」を入力して下さい.
カウンター

会員登録によって納経帳をダウンロードできます。
情報交換のコミュニティには
SNSサイト「みんそら」を利用しております。

ダウンロード先は四国堰堤88箇所巡礼コミュニティ
会員登録後ログインすると
納経帳のダウンロードできます。
「登録の手順」参考にしてください。
*注意
ガラケーからの登録は、minsora.netから自動返信メールが届きますので
ドメイン「minsora.net」のドメイン拒否解除をお願いします。 なお、納経帳はPDFのためPCからダウンロードをお薦めします。ガラケーではご覧になれません




↓下記より堰堤情報をご覧ください。
すべての画像はクリックすると拡大します
第1番堰堤札所 『宮川内(みやごうち)ダム』
第2番堰堤札所 『相坂(あいさか)ダム(御所池)』
番外堰堤札所第1番 『旧吉野川河口堰管理所』
番外堰堤札所第2番 『吉野川第十堰』
第3番堰堤札所  『高西(こうざい)ダム』その1
第3番堰堤札所  『高西(こうざい)ダム』その2
第4番堰堤札所 『夏子ダム』
番外堰堤札所第3番 『デ・レイケ堰堤』
第5番堰堤札所 『明谷(みょうだに)ダム』
第6番堰堤札所 『池田ダム』
第7番堰堤札所 『三縄(みなわ)ダム』
第8番堰堤札所 『松尾川ダム』
第9番堰堤札所 『若宮谷ダム』
第10番堰堤札所 『名頃(なごろ)ダム』
第11番堰堤札所 『正木ダム』
第12番堰堤札所 『川口ダム』
第13番堰堤札所 『長安口(ながやすぐち)ダム』
第14番堰堤札所 『小見野々(こみのの)ダム』
第15番堰堤札所 『大美谷(おおびだに)ダム』
第16番堰堤札所 『福井ダム』
第17番堰堤札所 『平鍋ダム』
第18番堰堤札所 『久木(くき)ダム』
第19番堰堤札所 『魚梁瀬(やなせ)ダム』
第20番堰堤札所 『伊尾木川(いおきがわ)ダム』
第21番堰堤札所 『奥出(おくだし)ダム』 
第22番堰堤札所 『鎌井谷ダム』
第23番堰堤札所 『永瀬ダム』
第24番堰堤札所 『吉野ダム』
第25番堰堤札所 『杉田(すいた)ダム』 
第26番堰堤札所 『休場(やすば)ダム』
番外堰堤札所第4番 『繁藤(しげとう)堰堤』
第27番堰堤札所 『穴内川(あなないがわ)ダム』
番外堰堤札所第5番 『赤根川第4堰堤』
第28番堰堤札所 『汗見(あせみ)ダム』
第29番堰堤札所 『早明浦(さめうら)ダム』
第30番堰堤札所 『稲村ダム』
第31番堰堤札所 『大橋ダム』
番外堰堤札所第6番 『高薮取水堰(たかやぶしゅすいせき)』
第32番堰堤札所 『長沢ダム』
第33番堰堤札所 『大森川ダム』 その1
第33番堰堤札所 『大森川ダム』 その2
第34番堰堤札所 『鏡(かがみ)ダム』 
第35番堰堤札所 『桐見(きりみ)ダム』
第36番堰堤札所 『筏津(いかだづ)ダム』
第37番堰堤札所 『大渡(おおど)ダム』
第38番堰堤札所 『初瀬ダム』
第39番堰堤札所 『津賀ダム』
番外堰堤札所第7番 『佐賀取水堰』
第40番堰堤札所 『以布利川(いぶりがわ)ダム』
第41番堰堤札所 『中筋川ダム』
第42番堰堤札所 『坂本ダム』
第43番堰堤札所 『大久保山ダム』
第44番堰堤札所 『山財(さんざい)ダム』
第45番堰堤札所 『須賀川ダム』
番外堰堤札所第8番 『柿原水源地第二貯水池堰堤』
第46番堰堤札所 『野村ダム』
第47番堰堤札所 『鹿野川(かのがわ)ダム』
第48番堰堤札所 『布喜川(ふきがわ)調整池』
第49番堰堤札所 『八代(やしろ)ダム』
第50番堰堤札所 『伊方(いかた)調整池』
第51番堰堤札所 『大谷池』
第52番堰堤札所 『銚子ダム』
第53番堰堤札所 『面河(おもご)第三ダム』
第54番堰堤札所 『柳谷(やなだに)ダム』
第55番堰堤札所 『面河ダム』
番外堰堤札所第9番 『白猪谷(しらいたに)堰堤』
番外堰堤札所第10番 『除ケの堰堤(よけのえんてい)』
第56番堰堤札所 『佐古(さこ)ダム』
第57番堰堤札所 『横谷調整池』
第58番堰堤札所 『石手川(いしてがわ)ダム』
第59番堰堤札所 『立岩ダム』
第60番堰堤札所 『歌仙(かせん)ダム』
第61番堰堤札所 『玉川ダム』
別院堰堤札所第1番 『上浦ダム』
別院堰堤札所第2番 『台(うてな)ダム』
第62番堰堤札所 『朝倉ダム』
第63番堰堤札所 『志河川(しこがわ)ダム』
第64番堰堤札所 『黒瀬ダム』
第65番堰堤札所 『鹿森ダム』
第66番堰堤札所 『別子(べっし)ダム』
第67番堰堤札所 『富郷(とみさと)ダム』
第68番堰堤札所 『柳瀬(やなせ)ダム』
第69番堰堤札所 『新宮(しんぐう)ダム』
第70番堰堤札所 『五郷(ごごう)ダム』
第71番堰堤札所 『豊稔池(ほうねんいけ)ダム』
第72番堰堤札所 『粟井ダム』
第73番堰堤札所 『宝山湖(香川用水調整池)』 
第74番堰堤札所 『多治川(たじがわ)ダム』
第75番堰堤札所 『野口ダム』
第76番堰堤札所 『満濃池』
第77番堰堤札所 『府中ダム』 + 奥の院 『北条池』
第78番堰堤札所 『長柄(ながら)ダム』
第79番堰堤札所 『田万(たまん)ダム』
第80番堰堤札所 『高橋ダム+遊水林池(ゆうすいりんいけ)』
第81番堰堤札所 『内場(ないば)ダム』
第82番堰堤札所 『神内上池(じんないかみいけ)』
別院堰堤札所第3番 『殿川(とのがわ)ダム』
別院堰堤札所第4番 『蛙子池(かえるごいけ)』
別院堰堤札所第5番 『旧内海(うちのみ)ダム』
別院堰堤札所第6番 『内海ダム』
別院堰堤札所第7番 『粟地(あわじ)ダム』
別院堰堤札所第8番 『吉田ダム』
番外堰堤札所第11番 『二股上池(ふたまたうわいけ)』
第83番堰堤札所 『前山ダム』
第84番堰堤札所 『門入(もんにゅう)ダム』
第85番堰堤札所 『大川ダム』
第86番堰堤札所 『五名(ごみょう)ダム』
第87番堰堤札所 『大内(おおうち)ダム』
第88番堰堤札所 『千足ダム』
番外堰堤札所第12番 『川股池』
2014年8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
←2014年7月 2014年9月→

コミュニティ参加登録はコチラ
情報交換のコミュニティには
SNSサイト「みんそら」を利用しております。
君は『アパッチ野球軍』を知っているか? 2011.12.18












みんそら〜みんなのSNS
ふるさとのカクテル「地カクテル」
時計やジュエリー販売〜アイアイイスズ
美味しいわらびもちはいかが?
  〜松風庵 かねすえ

駅コミ<駅からはじまる情報発信>
ジェイアール四国
ソーシャルゲートウェイ ゼッケン

みんそらSNS


 
Copyright 2013 四国堰堤ダム88箇所巡り All rights reserved.
掲載されているすべてのコンテンツの無断使用、掲載を禁止します。